【健康】一番大事なこと忘れてました!お水飲んでますか?

こんばんは!よぴっとです!

ここ数日、なんか浮腫むな~体重も減らないな~って思っていたら…
大事なことを忘れていたんです😨

 

それは、お水を飲むこと!

 

お水の重要性

お水は、私たちの体にもっとも多く含まれる物質で、成人の体の約70%が水分だと言われています。主に脳、腸、腎臓、筋肉、肝臓などの臓器・組織中の水分含有量は80%らしいです。
これを聞いただけでもいかに重要な機関が水分で構成されているかがわかりますよね!

ただし、女性は男性に比べると脂肪量が多いため、水分含有率は約60%と少ないらしいんです。
これはいったいどういうことでしょうか?

それは、脂肪よりも筋肉の方が水分含有率が高いからです。

つまり…太っている人は痩せている人よりも体の水分量が少ないんです。
さらに、年齢を重ねると細胞数が減少していくため、さらに減ることになるらしいんです。

 

ということは…

ダイエットしてる人やアンチエイジングを心がけてる人にとって、

お水をきちんと飲むことは、何より重要!

だということですね😨

今すぐ飲まないといけませんね💦

 

一日に必要な水分量は?

お水がいかに大切かということはよくわかったのですが…
では、一日にどれくらい必要なのかを調べてみました。

重要なのは、INOUTのバランスをとることらしいんです。

では、OUT(排泄される水分)の方を考えてみましょう!

人間の体から排泄される水分
・尿:1,000~1,500cc
・便:200cc
・不感蒸泄、発汗:800cc
2,000~2,500cc

厳密に言うと体重によって前後はしますが、大まかにこんな感じです。平常時でこれくらいの水分が失われるわけです。

とは言え、いくら水分摂取が大切と言ってもやみくもに爆飲みすればいいということでもありません。
大事なのはOUTとINをイコールにすることです。

食事でだいたい1,000ccは摂取できますので、

残りの1,000~1,500ccが1日にINする水分量ということになりますね✨

激しい運動をした場合は、さらにプラスしていくといいのではないでしょうか?

私はランニングの前後に500ccは飲みます。

 

飲むタイミング

基本的には、常温のお水をこまめに飲むのがいいとされてます。

とは言えなかなか習慣化されるまではつとめて飲むことになりますので、飲むタイミングを具体的に決めていきましょう。

① 朝起きたらコップ2杯(400cc)
② 昼食の前に1杯(200cc)
③ 15時に1杯(200cc)おやつを食べるならその前に
④ 夕食前に1杯(200cc)
⑤ 入浴時に2杯(400cc)
⑥ 就寝前に1杯(200cc)

これで1,600ccとれますね!

私の場合は、お風呂に500ccの水筒を持ち込んで浴槽に浸かりながら飲んでます。
これ、お水飲むのに慣れてない方には超オススメです。スルスル飲めます✨

ちなみに、愛用の水筒はこれです。

こちらのクリームホワイトです。お家でもお出かけ時もこれです笑

 

飽きずに飲むには…

常温のピュアウォーターが基本ではありますが、たまにはちょっと変化を付けてみるのもいいのではないでしょうか?

朝のオススメ

私の場合は、白湯にしてます。

内臓を温めて、代謝や排泄をスムーズにしてくれるみたいです。私のように循環機能が弱いタイプはとくにオススメです。

ダイエット的にもいろんなインフルエンサーの方が実践してますよね✨

 

おやつ代わりなら

炭酸水がオススメです。

レモンやライム、グレープフルーツ果汁を入れるとおいしく飲めますし、気分的にも上がりますね✨
夏の暑い日などには超オススメです。

ほっとしたい時などは、ハーブティーやルイボスティーなどもいいですね😆

ただし、カフェインが含まれている物は利尿作用があるので、水分としてカウントされないので要注意です。

私もコーヒーとか紅茶が大好きなので飲んでしまうのですが、あくまで嗜好品としてたしなむために飲んでいます。お水をたくさん飲んでいるとこちらも自然と減ってきます。

 

まとめ

水分を適正にとると、血液やリンパ液がサラサラになり、デトックス作用を高めるなど、いいことづくめです。脂肪燃焼にも水分は不可欠なものですので、習慣化するまでつとめて飲むように努力していきましょう。

健康診断の結果からも、私の場合はとくに人より気をつけなければいけないってことをうっかり忘れておりました😢

循環機能が弱いと膀胱炎や腎盂炎になりやすいので、常に新しい水分をとって古い水分を排泄しないといけません。

加えて、LDLコレステロールが高いということは、血液がドロドロになって動脈硬化のリスクを高めることになりますので、こちらの意味でも水分はしっかりとって、血液の水分量を減らさないように気をつけなければなりません。

ほんとに大反省です。

健康のためにも、ダイエットのためにも、

お水はしっかり飲みましょう!

 

よぴっとブログ - にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

よぴっとオススメの
素焼きミックスナッツはこちら(オートファジーの必需品!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA